• ¥1,800

発行者による作品情報

「どうせ社会の側の人たちが僕らに理解を示してくれることなんてないでしょう」

これは、生きる場所を求めて歌舞伎町に集まった若者たちの、泡のように淡い夢と重い現実の物語である。



新型コロナの震源地と呼ばれた「夜の街」とは? 新宿歌舞伎町という虚構と真実の入り混じる街で、ホストたちはどんな半世紀をたどってきたのか。ホストブーム、浄化作戦、東日本大震災、愛田武の死、そして新型コロナ……激動の街を描くノンフィクション。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2020
9月25日
言語
JA
日本語
ページ数
266
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
4
MB

石井光太の他のブック