• ¥630

発行者による作品情報

かつてなく幼稚化した日本。メディアでもネットでも、「こんな日本に誰がした」という犯人捜しの物言いや他罰的な言論が多いと思いませんか? 本書では、日本でいま一番練れた「大人」の思考をもつ哲学者と思想家が、現代社会と成熟について存分に語り合います。「子どもを成熟させないシステムを作り上げてきたのは私たち自身」「人は年をとるほど“多重人格化”していく」等々、ドキリとする言葉が満載。「大人が消えつつある日本」のいまを多層的に分析し、成熟への道しるべを示した目からウロコの1冊です!

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2013
8月10日
言語
JA
日本語
ページ数
190
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
959.2
KB

鷲田清一 & 内田樹の他のブック