• ¥1,500

発行者による作品情報

大数の法則とは、「1つ1つは予想が難しい物事も、それらが沢山寄せ集まると、全体としての振る舞いは安定する」というものだ。たとえば、コイン投げを数多く繰り返すことによって表の出る回数は1/2に近づく。数多くの試行を重ねることにより事象の出現回数が理論上の値に近づく定理のことをいう。この法則は現代社会の至る所で活用されており、私たちが銀行から自由にお金を引き出せるのも、大数の法則のおかげである。大数の法則を知ることで違った視点で見れば、ビジネスや人生のヒントになるはずだ。

目次

序章 不確かな世の中を安定させる大数の法則

第1章 大数の法則の活躍ぶりを見てみよう!
1チンチロリンで学ぶ大数の法則/2数が多けりゃいいというわけではない。「独立性」がカギ/3「特権階級がいない」という条件がもう1つのカギ……

第2章 世の中では大数の法則がこんなに働いている
1生命保険は大数の法則無しには成立しない/2損害保険は、再保険という制度によって大数の法則を働かせている……

第3章 大数の法則を社会に活かす条件とは?
1大数の法則を社会に活かすための4つの条件/2現代社会は、なぜ大数の法則を活用できるようになったのか/3みんなちがって、みんないい

第4章 「大数力」アップでワンランク上の自分を目指そう
1小さなことを積み上げて人生をよくしていく/2お金に大数の法則を働かせる/3自分の意見を発信してみる……

第5章 大数の法則を味方に付けよう

ジャンル
科学/自然
発売日
2017年
3月20日
言語
JA
日本語
ページ数
222
ページ
発行者
ウェッジ
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
11.4
MB

冨島佑允の他のブック