• ¥1,200

発行者による作品情報

大化の改新のあと政権を保持する兄・天智天皇の都で、次第に疎外される皇太弟・大海人(おおしあま)皇子。悲運のなかで大海人の胸にたぎる想いは何か。額田王との灼熱の恋、鬱勃たる野心。古代日本を震撼させた未曾有の大乱の全貌を雄渾な筆致で活写する、小説壬申の乱。吉川英治文学賞受賞作。

ジャンル
小説/文学
発売日
1996年
4月18日
言語
JA
日本語
ページ数
664
ページ
発行者
中央公論新社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
1.8
MB

黒岩重吾の他のブック

1985年
1985年
2014年
2006年
2018年
2000年

このシリーズの他のブック

1996年