• ¥710

発行者による作品情報

尊皇攘夷の風が吹く幕末。武士たちは生活の拠り所を失いつつあった。かつて、幕府御算用者として諸藩を救った生田数之進と盟友の早乙女一角。二人は、13代将軍家定御台所の天璋院篤姫から葵の御紋が記された手札を託された。徳川の時代が終わろうとする混迷の江戸で、再び彼らが「千両智恵」を駆使し、武士に生き方を指南する。「御算用日記」シリーズ新展開。

ジャンル
小説/文学
発売日
2012
3月20日
言語
JA
日本語
ページ数
243
ページ
発行者
光文社
販売元
Kobunsha Co., Ltd.
サイズ
739.8
KB

六道慧の他のブック