天下人の茶 天下人の茶

天下人の‪茶‬

    • ¥850
    • ¥850

発行者による作品情報

安土桃山時代に茶の湯という総合芸術を創出した千利休。秀吉に「内々の儀」を一任されるほどの厚い信頼を得たが、その秀吉によって最期は自死に追い込まれる。その裏には何があったのか? 牧村兵部、瀬田掃部、古田織部、細川忠興という利休七哲に数えられる高弟たちによって語られる利休と秀吉の相克。「茶聖利休」の実像に迫る連作短編集。

ジャンル
小説/文学
発売日
2023年
12月7日
言語
JA
日本語
ページ数
204
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
2.6
MB

伊東潤の他のブック

江戸を造った男 江戸を造った男
2016年
城を攻める 城を守る 城を攻める 城を守る
2014年
国を蹴った男 国を蹴った男
2015年
城を噛ませた男 城を噛ませた男
2014年
野望の憑依者(よりまし) 野望の憑依者(よりまし)
2017年
決戦!関ヶ原 決戦!関ヶ原
2017年