• ¥530

発行者による作品情報

デビュー作『遠い島影』から、『男一匹ガキ大将』の大ヒットをへて『俺の空』『硬派銀次郎』『サラリーマン金太郎』まで。つねに新しいジャンルに挑み、数々の名作を生み出してきた本宮ひろ志が、みずからの半生をはじめて明かす。“鬼オヤジ”との確執、身も心もぼろぼろになった恋、そして創作の苦悩と喜び。漫画にすべてをかけた男の熱き魂の自画像。巻末には北方謙三、大沢在昌との2本の対談を収録。

ジャンル
小説/文学
発売日
2003
1月22日
言語
JA
日本語
ページ数
336
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
7.9
MB

本宮ひろ志の他のブック