奥行きをなくした顔の時代―イメージ化する身体、コスメ・自撮り・SNS― 奥行きをなくした顔の時代―イメージ化する身体、コスメ・自撮り・SNS―

奥行きをなくした顔の時代―イメージ化する身体、コスメ・自撮り・SNS‪―‬

    • ¥2,400
    • ¥2,400

発行者による作品情報

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

現代社会に溢れる、人格、感情、記憶、社会的関係などが排除された顔――「奥行きをなくした顔」。
テクノロジーが進化し、ヴァーチャルとリアルが共存する今、
この「奥行きをなくした顔」はどのような役割を果たすのか、
「アフターコロナ」の身体について視覚文化論的に考察する。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2021年
9月30日
言語
JA
日本語
ページ数
196
ページ
発行者
晃洋書房
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
90.8
MB

米澤泉 & 馬場伸彦の他のブック

おしゃれ嫌い 私たちがユニクロを選ぶ本当の理由 おしゃれ嫌い 私たちがユニクロを選ぶ本当の理由
2019年
高校生と考える21世紀の突破口 高校生と考える21世紀の突破口
2023年
筋肉女子 なぜ私たちは筋トレに魅せられるのか 筋肉女子 なぜ私たちは筋トレに魅せられるのか
2019年
コスメの時代 コスメの時代
2008年