• ¥850

発行者による作品情報

戦国時代、女たちはどのように生きたのか。のぼうの城のヒロイン・甲斐姫、家康が最も信頼した阿茶局とお梶、瀬戸内海のジャンヌ・ダルクと呼ばれた大三島の鶴姫…。激動・流転の時代だからこそ、崖っぷちに立たされた女の底力が発揮された。男よりも男らしい女たちが選んだ、それぞれの生き様。

ジャンル
歴史
発売日
2011
1月12日
言語
JA
日本語
ページ数
135
ページ
発行者
角川アスキー総合研究所
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
3.3
MB

楠戸義昭の他のブック