女の仕掛‪け‬

男に好かれる賢女のルール26

    • 3.0 • 1件の評価
    • ¥250
    • ¥250

発行者による作品情報

モテる女は賢く生きる!

銀座の売れっ娘ホステスが、男をトリコにするちょっとしたコツを伝授!


【まえがきより抜粋】

女だって仕事なのか、女だからやっぱり結婚なのか。

思うに、男が狩りに行きその獲物を女に差し出していた原始時代から、女の肉体と脳には「結婚せよ!」というコマンドが刷り込まれているのだ。

神様が、生物の進化上、女という生き物にそういう仕掛けをしたのだろう。

周囲の様子や社会状況、すなわち恋愛する舞台をじっくりと検証して、これからの時代を賢く生きていこうではありませんか。


【内容】

●仕掛けは女の肉体と脳に刷り込まれたコマンド――まえがきに代えて

●初対面で好かれる仕掛け

●出会いがなければ始まらない

●興味のある場所に顔を出す

●合コンよりもお食事会

●女性らしい印象のつくり方

●初対面で壁をつくらずに異性と接するには

●手ぶらで行かない

●つまらない男は背中ではねのける

●明るい色を身につける

●軽やかに敬語で話す

●去り際の決め文句

●手ぶらで帰らない

●メールを送るタイミング

●興味のない相手への対応

●男心を奪うための仕掛け

●ガッカリ&くすぐりポイントを知ろう

●若作りの罠

●神秘性をなくしてはいけない

●オジさんとの交流は女を磨くチャンス

●高価なモノでバリアを作る

●男の意見を否定しない

●男へのご褒美

●「すごい」のリスク

●過去をおおっぴらに見せてはいけない

●携帯電話でソンをする女

●足元がボロっちいのはNG

●バッグの中から日用品を取り出さない

●男は手フェチが多い

●自分を好きになれば魅力的になれる

●セックスレスの理由

●良いセックスの仕掛け

●素数ゼミのように生きよう――あとがきに代えて


【著者略歴】

檀れみ(だん・れみ)

東京都出身。OL、ライター、銀座高級クラブホステスを経て作家に転身。独自の語り口と鋭い洞察力で各メディアから注目を集めている。

著書には『こんな男に女は惚れる 大人の口説きの作法』(講談社)、『ダイエット・パラダイス』『冷たい熱帯魚』『幸運をはこぶお陰さま』(以上、幻冬舎)、『女の仕掛け』(アメーバブックス新社)、『LOVE&JOB 賢い女の社交術』(主婦と生活社)、『テッパン男』(ヴィレッジブックス)などがある。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2014年
5月8日
言語
JA
日本語
ページ数
65
ページ
発行者
クラップ
販売元
JUMPEI TAKEDA
サイズ
513
KB

檀れみの他のブック

2016年
2014年
2015年
2014年
2013年
2014年