• ¥850

発行者による作品情報

脳科学をベースに男女脳の違いからくる夫婦のすれ違いを紐解き、奥様の考えていることや行動の理由をズバリと解析。それに対してどのような言動をとれば、奥様にとって最愛の夫でい続けることができるのかという具体的な作戦を提示する、夫のための奥様攻略本。世の中の「奥様が怖い」と思っているすべての夫が、家庭におだやかな愛を取り戻すための実用書である。

ジャンル
健康/心と体
発売日
2018年
10月20日
言語
JA
日本語
ページ数
176
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
369.2
KB

カスタマーレビュー

Masuda rei

女性脳って

とても勉強になりました!是非夫のトリセツもベストセラーにして妻に読んでもらいたいです!

あかさたなはまやらあかさたなはま)ら

間違っちゃいないと思うけど

かなり偏った意見な気がする
女は忙しくてもしっかりやってるんだから
男はそれを理解して察して我慢して優しくするのが当たり前だ!っと捉えられないことも無い、
読む人にとっては勘違いしそう

脳科学の視点からって書いてあるけど
夫婦仲が悪いのにも科学的根拠がない場合だってあるだろうし一概に言えなさそう

読んだ感想としては男から言わせてもらうと
結婚すんのやめよって事かな
面倒なことが増えるだけだなって思っちゃう

よよしたか

そうか、そうだったのか

妻はなぜ怒るのか。
その答えが詰まった本でした。

トイレのフタが開けっ放しなだけで、皿の汚れが少し落ちてなかったぐらいで、なんでここまで怒られなきゃいけないんだよ。気づいたら自分でやればいいじゃん。

こんな数々の疑問が解決しました。
これらは非常に合理的かつ、自分や子供たちの事を想ってくれていたのです。

次の記念日には、何か特別な事をしよう。
サプライズではなく、妻と一緒に計画して。
そんな気持ちにさせてくれた一冊です。

黒川伊保子の他のブック