娼婦の本‪棚‬

    • ¥880
    • ¥880

発行者による作品情報

【目次】
●はじめに――時に夜があまりに暗く、字を照らす光がなくても

〈第1章 女は無意味に旅に出る〉

●もしアリスが女の子ではなかったら
――『不思議の国のアリス』(ルイス・キャロル/矢川澄子訳)
●女の子の殻をさらに包む強力な殻
――『“少女神”第9号』(フランチェスカ・リア・ブロック/金原瑞人訳)
●娼婦になったり聖母になったりすればいい
――『悲しみよ こんにちは』(サガン/河野万里子訳)
●女子高生にある個室の自由
――『いつだってティータイム』(鈴木いづみ)

〈第2章 セックスなんかで分かるもの〉

●資本主義と愛と整合性のないカラダ
――『pink』(岡崎京子)
●たかが一度や二度のセックス
――『性的唯幻論序説 改訂版 「やられる」セックスはもういらない』(岸田秀)
●されどセックスが解放する時間
――『蝶々の纏足』(山田詠美)

〈第3章 女ではない奇怪な生き物〉

●買う男の論理があるのだとして
――『わが悲しき娼婦たちの思い出』(ガルシア= マルケス/木村榮一訳)
●基本的には他人事でしかない男の青春
――『大胯びらき』(ジャン・コクトー/澁澤龍彥訳)
●お金を介した男女の滑稽な話
――『遊女の対話』(ルーキアーノス/高津春繁訳)

〈第4章 信じられる神がいなくとも〉

●ありえないほど汚れた場所の、ありえないほど高貴な信仰
――『ぼくんち』(西原理恵子)
●夜のオカネと昼のオカネ
――『大貧帳』(內田百閒)
●この世で最も不公平な関係
――『シズコさん』(佐野洋子)

〈第5章 言葉を身体に貼り付けて〉

●夜が過ぎても生き残る可能性があるなら
――『夜になっても遊びつづけろ』(金井美恵子)
●若い女の心はそう整うものじゃない
――『私家版 日本語文法』(井上ひさし)
●一〇〇年越しの女の味付け
――『モダンガール論』(斎藤美奈子)
●それでもピンヒールは正義
――『ちぐはぐな身体 ファッションって何?』(鷲田清一)

〈第6章 荒唐無稽な夜を生き抜く〉

●無敵だったココロと冷めた見解
――『桃尻娘』(橋本治)
●若さも九〇年代も空っぽだったと皆言うけれど
――『モモ』(ミヒャエル・エンデ/大島かおり訳)
●半分腐った世界でナウシカになれるわけもなく
――『風の谷のナウシカ』(宮崎駿)

●おわりに――それでも「絶望的に期待する」

ジャンル
小説/文学
発売日
2022年
4月10日
言語
JA
日本語
ページ数
256
ページ
発行者
中央公論新社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
2.2
MB

鈴木涼美の他のブック

2016年
2021年
2019年
2017年
2017年
2016年