• ¥530

発行者による作品情報

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※『表紙の私』の高畑淳子さんの写真は掲載されておりません(インタビューは掲載されています)。また、『Snow Man 〈ステージレポート〉滝沢歌舞伎で魅せる、美・技・心』『鈴木保奈美 「獅子座、A型、丙午。」』『正門良規 珍しい名字のおかげでジャニーズに入れました!?(笑)』は掲載されておりません。
※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

【目次】
・表紙
・目次
・表紙の私 高畑淳子
・ヤマザキマリ 地球の住民
・特集 〈私たちのノンフィクション〉幸せは涙のあとに
・川奈照子(主婦・68歳) カメラを向けても笑顔はない。認知症の妹との最後の旅
・末松治華(無職・69歳) “紙切れ一枚”の差はどこに? 夫婦別姓の子育てを貫いて
・森下あゆみ(主婦・60歳) がん闘病、精神科入院を経て、「新しいワタシ」に出会う
・伊藤比呂美 〈私はこう読んだ①〉目の前30センチを見つめて書くと、「わたし」が「わたしたち」になっていく
・荻野忍(パート・53歳) 365日無休で、借金返済に追われ、コンビニ経営はいばらの道よ
・守谷さち子(無職・69歳) 子ども時代の忌まわしい記憶、兄の長年の非道に恨みは消えず
・清水真沙子(無職・76歳) 夫亡きあと、片想い。恋する心が生きる力に
・内田樹 〈私はこう読んだ②〉赤裸々な自己分析とリアルな書き込みは手記ならでは
・鈴木秀子 悩みや苦しみは人生の恵みです
・久保田智子 特別養子縁組で娘を迎え、家族になりました
・ブレイディみかこ 転がる珠玉のように
・水道橋博士&近田春夫 清水ミチコの三人寄れば無礼講
・山田詠美 私の書いた本
・仲俣暁生 読みたい本
・高橋和枝 火曜日のくま子さん
・ビューティ手帖 最新UVケアで光老化をくいとめる
・宮沢氷魚 「ここにいるべき」と思える場所を見つけた
・ふくいひろこ ほっこり、京の菓子
・新・心とからだの養生学 錆びない体が認知症を遠ざける
・女神のマルシェ×婦人公論 〈通販企画第5弾・おうちdeショッピング〉特許取得の高性能シャワーヘッド
・話題のアングル
・寄川歌太 愛でたい男
・おでかけランチ
・ひぐちにちほ ひぐちさんちのお茶目っ子日記
・読者のひろば
・中津川りえ 傾斜宮占い
・第2特集 おたのしみ散歩のすすめ
・小林聡美 〈エッセイ〉期待しないで歩いた先に
・久住昌之 美味しいものに出会えたらラッキー、くらいの気楽さで
・村田あやこ 路傍の草や鉢植えから元気をもらう「路上園芸」鑑賞
・柴山ミカ 「市場めぐり」は掘り出し物、出会いの宝庫です
・尾野真千子 デビューして24年。今も夢は「女優」です
・渡邉葉 〈緊急寄稿〉「コロナはお前のせいだ」――アメリカ全土に広がるアジア系市民への憎悪犯罪
・篠田桃紅 〈追悼 篠田桃紅さん〉再録・ものをつくり続けることは、信じる道を生きることだった
・佐藤美和子 本を通して、桃紅さんと交わって
・あさのあつこ 残陽の宿 闇医者おゑん秘録帖
・村山由佳 ロマンチック・ポルノグラフィー
・自社広告
・自社広告
・自社広告
・自社広告
・読者アンケートご協力のお願い
・年間定期購読のご案内
・純烈・酒井一圭のお悩み相談室 脱衣所からこんにちは
・阿川佐和子 見上げれば三日月
・インフォメーション&プレゼントボックス
・次号予告
・自社広告

ジャンル
暮らし/家庭
発売日
2021
May 11
言語
JA
日本語
ページ数
160
ページ
発行者
中央公論新社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
118.4
MB

婦人公論編集部の他のブック

このシリーズの他のブック