• ¥1,400

発行者による作品情報

広島観音高校サッカー部を独自の指導で日本一に導いた畑喜美夫監督が自らその指導法を解説!そしてスポーツ育成の現場への提言とは――。

体罰・暴力問題がスポーツ育成現場でなぜ起こるのか。

かつては無名だった進学校の広島観音高校を独自の指導で日本一へと導いた名将・畑喜美夫監督。

畑監督は選手が自ら考え、行動する「ボトムアップの組織論」を打ち出し、スタメンや戦術、交代までも選手たちに決めさせるという指導法で全国に名前を知られる監督です。

指導者が選手にとことん教え込むトップダウンの指導は、体罰や暴力につながる可能性を秘めています。

選手が主体となるプレーヤーズファーストの指導が、いま求められる真の育成・教育ではないでしょうか。

近年、高校生年代だけではなく、中学生や小学生年代にも広がりを見せているボトムアップ理論を生かしたサッカーの育成。

子どもの自立や人間力を育む教育を具体的に解説、そして提言していきます。

ジャンル
スポーツ/アウトドア
発売日
2013
9月26日
言語
JA
日本語
ページ数
105
ページ
発行者
カンゼン
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
3.9
MB

カスタマーレビュー

ピロッシ

サッカー馬鹿像

勉強になりました

畑喜美夫の他のブック