子育ての経済‪学‬

    • ¥2,800
    • ¥2,800

発行者による作品情報

▼本邦初の本格的な「教育の経済学」の基本書。

▼最新研究から、日本や欧米各国の子育て・教育の違いとその理由が明らかに!

▼専門知識がなくても読めるようわかりやすく解説。



この数十年、先進国の子育てが全体的に“過保護” へと変わっていったのはなぜか?

社会のグローバル化や経済格差が原因なのか? 日本でも『「学力」の経済学』等で大注目の「教育の経済学」。そのトップクラスの経済学者が豊富な最新データと精緻な実証分析で真理に迫る。

また、最先端の研究を反映しつつも専門知識がなくても読めるよう、わかりやすく解説。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2020年
12月25日
言語
JA
日本語
ページ数
553
ページ
発行者
慶應義塾大学出版会
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
10.8
MB