• ¥1,100

Publisher Description

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版では、紙のガイドブックと内容が一部異なります。掲載されない写真や図版、収録されないページがある場合があります。あらかじめご了承下さい。

9~12歳までの「ゴールデンエイジ」と呼ばれる子どもたちは、生涯に一度といっていいほど様々なことを吸収でき、急成長が可能な時期にいます。身体能力や運動能力、脳の神経系統などが著しく発達する時期だからこそ、その発達のために使われることになる“毎日の食事”がとても重要になってくるのです。
本書では成長期に必要な栄養素だけではなく、栄養価の上がる食材の組合せや、吸収率が高まるタイミングなど、具体的な食べ方も紹介。「成長期に必要な食事&食べ方」が見えてくる1冊です。

★序 章:ゴールデンエイジに必要な栄養素とは!
~成長期の食事で知っておきたい3つのこと

★第1章:勉強で頑張る子どもをサポートする食事術!
~脳を元気にするための7つの食べ方

★第2章:運動で頑張る子どもをサポートする食事術!
~勝てるカラダ作りのための7つの食べ方

★第3章:「おやつ=お菓子」ではありません!
~おやつの役割と選択に関する5つのポイント

★第4章:簡単なのに効果絶大のお手軽メニュー!
~買い置き食材で作る手間いらずの35品

★終 章:ゴールデンエイジのための1週間の食事メニュー!
~「朝食」と「夕食」の献立表の作り方

★付 録:手作りおやつレシピ
~「和菓子系」「洋菓子系」「スナック菓子系」「デザート系」

<著者>
福島 咲子(ふくしま さきこ)
1982年福島県生まれ。管理栄養士。高校時代に食事をおろそかにし、体調を崩した経験から管理栄養士を目指す。大学の食物栄養科卒業後、福祉施設の献立作成に6年従事し、2014年に現在の勤務先である病院に転職。病院内で栄養指導や栄養ケアマネジメントに携わっている。4人の子ども(10歳・7歳・5歳・1歳)の母親であり、子育てと仕事の両立に忙しい毎日を送るが、時間のない中でも栄養価の高い食事が摂れるように心がけている。

<監修>
及川 孝光(おいかわ たかみつ)
医療法人社団「こころとからだの元氣プラザ」特任所長。医療法人社団「大地の会(KRD日本橋)」理事長。内科医師。労働衛生コンサルタント。1973年、慶應義塾大学医学部卒業。大学卒業後、慶應義塾大学病院内科勤務、東京都済生会中央病院内科勤務を経て、1978年に慶応義塾大学病院内科医長に就任。「三和銀行東京健康管理センター」所長、「三菱東京UFJ銀行健康センター(大手町ビル)」所長を歴任後、2010年に医療法人社団「こころとからだの元氣プラザ」統括所長に就任し、現在にいたる。専門は生活習慣病の予防・治療、循環器病、脂質代謝、産業医学、老年病、臨床疫学、メンタルヘルス。

GENRE
Travel & Adventure
RELEASED
2020
July 1
LANGUAGE
JA
Japanese
LENGTH
164
Pages
PUBLISHER
ダイヤモンド社
SELLER
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
SIZE
52.4
MB