• ¥1,000

発行者による作品情報

舞台となるのは、異界と人の世界が交錯する世界 ── 。



腕ききの女用心棒・バルサはある日、川におちた新ヨゴ皇国の第二皇子・チャグムを助ける。チャグムは、その身に得体の知れない”おそろしいモノ”を宿したため、「威信に傷がつく」ことをおそれる父、帝によって暗殺されそうになっていたのだ。

チャグムの母・二ノ妃から、チャグムを守るよう依頼を受けたバルサは、幼ななじみの薬草師・タンダの元へ身を寄せる。そして、バルサとチャグムは、タンダとその師である呪術師のトロガイから驚くべきことを告げられるのだった ── チャグムに宿ったのは、異界の水の精霊の「卵」であること、孵化まで守らないと大干ばつがおこること、そして、異界の魔物がその「卵」をねらってやってくること ── 。



帝のはなつ追っ手、さらに人の世の力をこえた危険から、バルサはチャグムを守り抜けるのか? バルサとチャグムの出会いから始まる、「守り人」シリーズの第1作。

ジャンル
SF/ファンタジー
発売日
2015
12月20日
言語
JA
日本語
ページ数
279
ページ
発行者
偕成社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
25.1
MB

カスタマーレビュー

六波羅國弘

最高

老練なバルサが幼いチャグムを守ろうといろいろな敵と戦っていく姿にはカッコいいとしか言いようが無いです。そして綿密なは伏線にドキドキさせられるのがいいです!

上橋菜穂子 & 二木真希子の他のブック

このシリーズの他のブック