発行者による作品情報

この作品の作家は、坂口 安吾(さかぐち あんご、1906年(明治39年)10月20日 - 1955年(昭和30年)2月17日)は、日本の小説家、評論家、随筆家。本名は坂口 炳五(さかぐち へいご)。昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学を代表する作家の一人である。この作品は底本の「坂口安吾全集 11」では「文芸批評」としてまとめられている。初出は「オール読物 第六巻第四号」1951(昭和26)年4月1日。『安吾人生案内(その一〔判官巷を往く〕)』には、「まえがき」「第一話 オカマ殺しの少年の話 佐藤幸三(十六歳)」「第二話 カゴヌケした娘の話 山口公子(二十歳)」「第三話 税務署員に殴られた婦人の話 竹内すゑ(四十四歳)」などが収録されている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1955
4月2日
言語
JA
日本語
ページ数
29
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
28.9
KB

坂口安吾の他のブック