安吾巷談 01

麻薬・自殺・宗教

    • 4.0 • 2件の評価

発行者による作品情報

『安吾巷談(麻薬・自殺・宗教)』は日本の小説家、評論家、随筆家。本名は坂口炳五(さかぐちへい)。この作品は底本の「「坂口安吾全集08」ちくま文庫、筑摩書房」では「文学・評論」としてまとめられている。初出は「文藝春秋 第二八巻第二号」1950(昭和25)年1月1日発行。

ジャンル
小説/文学
発売日
1954年
1月2日
言語
JA
日本語
ページ数
19
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
18.4
KB

坂口安吾の他のブック

1952年
1950年
1947年
1951年
2004年
1950年

カスタマーはこんな商品も購入

1996年
1941年
1920年
2015年
1939年
1931年