家‪族‬

    • ¥1,500
    • ¥1,500

発行者による作品情報

何度も手痛く裏切られたけれど、それでも愛していた。

舞台は昭和40年代、港町にある、小さな古いアパート。
幸せに暮らせるはずの四人家族だったが、父は長男を、そして母を遠ざけるようになる。

一体何が起きたのか。
家族は、どうして壊れてしまったのか。

ただ独り残された「私」による、秘められらた過去への旅が始まる。
謎を解き明かし、失われた家族をもう一度取り戻すために。

『兄の終い』『全員悪人』の著者が綴る、胸を打つ実話。

ジャンル
小説/文学
発売日
2022年
1月22日
言語
JA
日本語
ページ数
192
ページ
発行者
亜紀書房
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
2.5
MB

村井理子の他のブック

2020年
2015年
2022年
2021年
2017年
2017年