• ¥610

発行者による作品情報

●登場人物/桑田義雄(岩崎家庭裁判所春河支部判事) ●あらすじ/年末の御用納めの忘年会準備に忙しい春河地家裁。その最中に、調査官の今西は、桑田が扱ったある兄弟の相続問題を思い出す。それは父親が死んで、三人の兄弟に残されたたった一軒の家をめぐる問題だった。家を売って手に入る金を均等に分けようとする兄弟に、家を残してはどうかと提案し、そしてその家の庭先のピラカンサの木にこだわる桑田。結局は家を売ってしまう兄弟だったが、更地になったその土地を訪れて故郷を失ってしまったことに気づく。桑田はピラカンサの話をすることで故郷の家の大切さを訴えていたのだ……(第1話)。▼ある時、桑田は近所を散歩していて盆栽師の松門と親しくなる。彼は自分の孫のことで悩みを抱えていた。しかし桑田の助言により、壊れかけていた松門の家庭を建て直すきっかけが生まれる(第2話)。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
1991
4月27日
言語
JA
日本語
ページ数
218
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
57.1
MB

毛利甚八 & 魚戸おさむの他のブック

このシリーズの他のブック