発行者による作品情報

「家霊」は大正、昭和時代の小説家、歌人、仏教研究家である岡本かの子の小説。この作品は山の手の名物のどじょう店を舞台に老彫金師と病棟の出来事を通し「芸」と「家」の重圧を支えて生きる人間の断面を書いている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1997
8月25日
言語
JA
日本語
ページ数
17
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
19.7
KB

岡本かの子の他のブック