家鳴り 家鳴り

家鳴‪り‬

    • 3.3 • 6件の評価
    • ¥550
    • ¥550

発行者による作品情報

妻が際限なく太っていく─。失業中の健志を尻目に、趣味で始めた手芸が世間の注目を集め、人気アーティストとなった治美。夫婦の関係が微妙に変化するなか、ストレスとプレッシャーで弱った妻のために健志が作り始めた料理は、次第に手が込み、その量を増やして…(「家鳴り」)。些細な出来事をきっかけに、突如として膨れ上がる暴力と恐怖を描いたホラー短篇集。表題作を含む7篇を収録。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2012年
9月20日
言語
JA
日本語
ページ数
328
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
743.1
KB

篠田節子の他のブック

聖域 聖域
2008年
静かな黄昏の国 静かな黄昏の国
2012年
仮想儀礼(下)(新潮文庫) 仮想儀礼(下)(新潮文庫)
2011年
ハルモニア ハルモニア
2001年
美神解体 美神解体
2012年
レクイエム レクイエム
2002年

カスタマーはこんな商品も購入