発行者による作品情報

『富嶽百景』は、日本の小説家太宰治。この作品は底本の「「筑摩現代文学大系59 太宰治集」筑摩書房」では「日本の小説・文芸」としてまとめられている。初出は「文体」1939(昭和14)年2、3月。

ジャンル
小説/文学
発売日
1943
2月2日
言語
JA
日本語
ページ数
26
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
22.7
KB

カスタマーレビュー

☪♡☪♡

読書に興味を持つきっかけになった作品です。

この作品を読んでいる時に浮かぶ景色が好きです。一度で良いので天下茶屋へ行ってみたい。

☆kaela☆

とても良いです

とても良いです

chonmaru17

素の太宰

小説というより太宰の日記に近い作品で、特にドラマティックなシーンや印象に残るシーンは無いが、そのかわり素顔の太宰治の「人となり」がかいま見られる小説。これを読むと太宰は決して鬼才でも変人でもない洒落っ気があってユーモアのあるごく普通の若者だという事が分かるのだ。

太宰治の他のブック