• ¥580

発行者による作品情報

本作は、第二次世界大戦直後に小冊子として出版され、長らく絶版だったもの。ムーミンシリーズ8作が完結した21年めに、ようやく本として出版されました。書かれた時期でいえば、シリーズ第1作になります。ムーミンママと、家をさがす旅へ出る、おさないムーミントロールも、ほかの本とは、どことなくちがった印象の挿し絵。スニフがまだ名前をもたず、「小さな生きもの」だったころのお話です。

ジャンル
SF/ファンタジー
発売日
2011
9月15日
言語
JA
日本語
ページ数
128
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
4.7
MB

カスタマーレビュー

juicermixer

なつかしい!

今から約40年近く前でしょうか、学校の図書室で初めて読んだムーミン・シリーズのこれはデビュー作ですかね。
当時は出版されてなかったと思います、初めて読みました。
ムーミン谷へ住み着いた顛末やパパとの感動的な再開など、エピソード満載です。
チューリッパなど、初めてのキャラも登場します。
イラストも本作の方が陰影が濃くて、スペクタキュラスと言えます。
シリーズ作品も全部読み直そうと思いました。
よかったです。

トーベ・ヤンソン & 冨原眞弓の他のブック

このシリーズの他のブック