• ¥950

発行者による作品情報

小泉純一郎はいま、どんなことを考えているのか?

政界引退後もなお、その記憶が語り継がれ、人気の衰えも知らぬ元総理。

総理官邸を後にして10年、初めてロングインタビューに応じ、

ノンフィクションライターと向かい合った4時間半。

安倍政権、野党再編、原発ゼロ、闘争の作法、盟友との決別、息子・孝太郎と進次郎、我が「余生」……。

「小泉純一郎にオフレコなし」

一年生議員の頃から永田町界隈の記者たちの間でそう謳われただけあって、ロマンスグレーの男はざっくばらんに語った。

小泉純一郎は過去をどう総括し、どんなニッポンの未来を構想しているのだろうか──。

●「原発は安全、安い、クリーン。これ全部ウソだ」

●「選挙に弱い政治家は圧力に弱いんだよ」

●「酒と女は二ゴウまでって(笑)」

●「小沢一郎は橋本龍太郎より面白かったな」

●「俺なら原発ゼロを総選挙の争点にする」

●「安倍さんは全部強引、先急いでいるね」

●「議員やめてから靖国に一度も行ってないよ」

●「自民党は総理に何言おうが自由だった」

●「進次郎の結婚は四十過ぎでいいよ」

●「政界っていうのは敵味方がすぐ変わるんだよ」

●「『女性遍歴を書いてください』って言われる(笑)」

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2016
March 11
言語
JA
日本語
ページ数
160
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
1.8
MB

常井健一の他のブック