発行者による作品情報

「小熊秀雄全集-14」は明治から昭和時代にかけて活躍した日本の詩人、小説家、漫画原作者、画家である小熊秀雄の作品。最も広く知られた「或る手品師の話」、英訳付きの絵本としていまも刊行されている「焼かれた魚」をはじめ、小熊秀雄が生涯に書いた全童話を収録。この作品は底本の「新版・小熊秀雄全集第2巻」では「児童小説」として収録されている。

ジャンル
小説/文学
発売日
2012
12月2日
言語
JA
日本語
ページ数
110
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
89
KB

小熊秀雄の他のブック