• ¥1,100

発行者による作品情報

「小説論」というのは思考の本質において、評論でなく小説なのだ。(まえがきより)
小説的思考とは何か? 小説が生成する瞬間とはどういうものか? 小説的に世界を考えるとどうなるのか? 前へ、前へと思考を進める小説論。

ジャンル
小説/文学
発売日
2011
8月25日
言語
JA
日本語
ページ数
539
ページ
発行者
中央公論新社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
1.2
MB

保坂和志の他のブック

このシリーズの他のブック