小説 不能犯 女子高生と電話ボックスの殺し屋 小説 不能犯 女子高生と電話ボックスの殺し屋
小説 不能犯

小説 不能犯 女子高生と電話ボックスの殺し‪屋‬

ひずき優 その他
    • ¥520
    • ¥520

発行者による作品情報

犯罪を意図した行為でもその実現が不可能であれば、罪に問われない。これを『不能犯』という――。進学校に通う女子高生・早苗は、同じ予備校の生徒から脅されていた。追い詰められた彼女は『電話ボックスの殺し屋』に仕事を依頼する。早苗の友人である彩香や藍子、楓も、それぞれ『彼』に殺しの依頼をしていて…!? 人気マンガ「不能犯」のスピンオフ小説が登場!

ジャンル
小説/文学
発売日
2018年
2月25日
言語
JA
日本語
ページ数
208
ページ
発行者
集英社/集英社オレンジ文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
3.5
MB

ひずき優, 宮月新 & 神崎裕也の他のブック

小説 ここは今から倫理です。 小説 ここは今から倫理です。
2020年
まいりませ、幻想図書館 眼鏡の淑女と古書の謎 まいりませ、幻想図書館 眼鏡の淑女と古書の謎
2015年
腹へり姫の受難 王子様、食べていいですか? 腹へり姫の受難 王子様、食べていいですか?
2017年
小説 最後まで行く 小説 最後まで行く
2022年
聖女と王子と鉄壁の騎士 その恋、全力で邪魔します! 聖女と王子と鉄壁の騎士 その恋、全力で邪魔します!
2013年
書店男子と猫店主の長閑なる午後 書店男子と猫店主の長閑なる午後
2015年

このシリーズの他のブック