少将滋幹の母 少将滋幹の母

少将滋幹の‪母‬

    • ¥510
    • ¥510

発行者による作品情報

八十歳になろうとする老大納言は、若い妻を甥の左大臣に奪われるが、妻への恋情が断ちきれず、死んでしまう。残された一人息子の胸にも幼くして別れた母の面影がいつも秘められていた――。平安期の古典に材をとり、母への永遠の慕情、老人の美女への執着を描き、さらに、肉体の妄執が理性を越えて、人間を愛欲の悩みに陥れるという谷崎文学の主要なテーマを深化させた作品。

ジャンル
小説/文学
発売日
1953年
10月9日
言語
JA
日本語
ページ数
149
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
1.6
MB

谷崎潤一郎の他のブック

谷崎潤一郎 谷崎潤一郎
2017年
陰翳礼讃 陰翳礼讃
2014年
痴人の愛 痴人の愛
2017年
谷崎潤一郎 刺青、春琴抄、陰翳礼讃、痴人の愛、秘密 他 谷崎潤一郎 刺青、春琴抄、陰翳礼讃、痴人の愛、秘密 他
2018年
春琴抄 春琴抄
1951年
細雪 全 細雪 全
2017年