• ¥490

発行者による作品情報

時は平安。都では神隠しが頻発していた。そんな中、なんと道長の娘・彰子の入内が決定。さらに彰子は以前妖から受けた呪詛を発動させてしまう。異邦の妖怪・窮奇の仕業だ。衝撃を受ける昌浩(あの安倍晴明の孫!)は、しかし誰より大切な彰子の命を助けるため、相棒のもっくんと共に窮奇との対決を決意する。「来年絶対、螢を見に行こう」二人が交わした約束の行方は――。昌浩VS窮奇の、ついに最終決戦! シリーズ第三弾参上!!

ジャンル
小説/文学
発売日
2002
7月31日
言語
JA
日本語
ページ数
210
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
4
MB

結城光流 & あさぎ桜の他のブック

このシリーズの他のブック