• ¥1,500

発行者による作品情報

二人の女性を殺害した容疑で逮捕・起訴されている小野宮楠生は、チャラい外見とふざけた言動・行動から「クズ男」と呼ばれ、彼を支援し続ける「クズ女」たちが現れるなど、話題に事欠かない。小野宮を担当する弁護士の宮原貴子は、小野宮が幼少期に児童養護施設で過ごした宮城県M町へ赴き、宍戸真美という女性の存在をつかむ。宮原は、現在の真美に接触すれば小野宮の犯行動機が見えてくるのではと思ったが……

ジャンル
小説/文学
発売日
2019年
9月30日
言語
JA
日本語
ページ数
286
ページ
発行者
光文社
販売元
Kobunsha Co., Ltd.
サイズ
811.9
KB

まさきとしかの他のブック