• ¥850

発行者による作品情報

まちごとチャイナ『山東省005煙台 ~ブドウ酒と「海市蜃楼」求めて』。



1861年、山東省ではじめて開港された煙台は、西欧人から「芝罘(チーフー)」と親しまれ、当時の近代建築が埠頭に残っています。渤海沿岸のこの地域は、古くは秦の始皇帝が三度訪れて刻石を残し、その後、煙台北西65kmの蓬莱(登州)が中心地となり、607年、遣隋使の小野妹子も上陸しています。山東省第2の港町の「煙台」、蜃気楼の名所としても知られる「蓬莱」、日清戦争の舞台となった「威海」をあわせて紹介します。かんたんな図版、地図計20点収録。

ジャンル
旅行
発売日
2017
12月28日
言語
JA
日本語
ページ数
60
ページ
発行者
まちごとパブリッシング
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
32.8
MB

「アジア城市(まち)案内」制作委員会の他のブック