• ¥880

発行者による作品情報

いにしえの倭の国。

まだ、よろずの神々が人々の信仰とともに在った時代――。



道士・役 小角(えんの おづの)とその弟子、妙(みよ)と善(ぜん)は、

各地の神々をめぐる旅をしていた。

その目的は、

あらゆる願いを叶えてくれる竜神・一言主(ひとことぬし)へまみえるため。



一行は神々が持つ神器の力をお借りして、

一言主が住まう山・葛城山への入山を目指すのであった……。



今巻では、

万象の大きさを自在に操る神や、

時空の挟間に取り残された剛腕の神など、

デザインの作り込まれた神々が登場。



随所に織り込まれるSF的なギミックや重厚な読み応えで

話題の古代倭国ファンタジー、待望の第3巻!

おなじみ描きおろし「神器録」を含む、特厚224ページでお届けします。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2020
8月12日
言語
JA
日本語
ページ数
230
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
163.5
MB

鶴淵けんじの他のブック

このシリーズの他のブック