発行者による作品情報

『島の暮れ方の話』は、明治から昭和初期にかけて活躍した小説家・児童文学作家、小川 未明の文学作品。初出は1977(昭和52)年1月10日。「島の暮れ方の話」作品は小川未明のこの文学の一部では、著者は物語の形で説明を与えている。この物語では島は方法を通じて暮ると島の最後に段階的な処理過程になったのか、伝える。

ジャンル
小説/文学
発売日
2015
4月29日
言語
JA
日本語
ページ数
5
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
10.2
KB

小川未明の他のブック