帳尻屋始末 : 3 相抜け左‪近‬

    • 1.0 • 1件の評価
    • ¥570
    • ¥570

発行者による作品情報

悪を懲らしめて善悪の帳尻を合わせるという「帳尻屋」の成り立ちには、どうやら時折蛙屋忠兵衛を訪ねてくる「だぼ鯊」と綽名される奉行所の役人が大きく絡んでいるらしい。琴引又四郎は「帳尻屋」の仕事を手伝いながら、その謎に迫っていく。紙縒で封印された愛刀を抜く時は訪れるのか? 期待のシリーズ連続刊行第三弾。

ジャンル
小説/文学
発売日
2014年
3月13日
言語
JA
日本語
ページ数
204
ページ
発行者
双葉社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
1.6
MB

坂岡真の他のブック

2020年
2020年
2015年
2013年
2019年
2018年

このシリーズの他のブック

2014年
2014年