幕末爆音‪伝‬

The Legend Of Bakumatsu Loud Rock

    • 5.0 • 1件の評価
    • ¥500
    • ¥500

発行者による作品情報

時は幕末、一八六七年十二月十日。大政奉還を成し、この日何者かに暗殺されるはずの坂本龍馬。彼が暗殺されるその刹那、暗殺者の刃を避けるために振り上げた名刀「陸奥守吉行」に一筋の落雷が近江屋の屋根をつたい避雷する。騒然とする現場をみると、龍馬の姿はこつ然と消えていた。

時は過ぎ、二〇一九年。東京下町の浅草にある、酒屋の息子であり元バンドマンの咲良は、日々の平凡さに嘆きながらも、毎日母と二人で酒屋を切り盛りしていた。

そんな嵐の二〇一九年十二月十日・夜。仲間たちと遅くまで飲んでいた彼が、ごみ捨て場で見つけたギターを掲げた瞬間、間近の電信柱に大きな落雷が落ちる。
気づくとそこには龍馬が額から血を流して倒れていた。

夢を諦めた三十二歳・元バンドマン、そして現代日本にタイムスリップしてきた幕末のヒーロー坂本龍馬。この正反対の二人が出会い出会い、ロックバンドを結成して現代日本をかき回す。時空を超えた冒険活劇ロックオペラ。

ジャンル
SF/ファンタジー
発売日
2019年
6月20日
言語
JA
日本語
ページ数
173
ページ
発行者
アイビジョンパブリッシング
販売元
Matsuoka Ryoichi
サイズ
795.7
KB

Zionの他のブック

2020年
2021年