発行者による作品情報

この作品はドイツの小説家であるパウル・トーマス・マンの小説家。自分の生活の中で幻滅になったこと説明する。作者は“現実が幻滅というにがい滓を伴わずに、私の偉大な予感に溶け込んでしまうような、そういう解放された生活のことを夢想するだけならね。水平線なんぞなくなってしまった生活のことをですね”と思う。

.

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2015
3月11日
言語
JA
日本語
ページ数
7
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
15.5
KB

実吉捷郎 & トオマス・マンの他のブック