幽霊‪塔‬

    • 4.4 • 17件の評価

発行者による作品情報

『幽霊塔』は、文久から大正時代にかけて活躍した日本の思想家、作家、翻訳家、ジャーナリスト黒岩涙香。推理小説の原点と言うべき作品です。この作品は底本の「別冊・幻影城 黒岩涙香 幽霊塔・無惨・紳士のゆくえ」では「小説・物語」としてまとめられている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1981年
12月26日
言語
JA
日本語
ページ数
436
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
429.1
KB

黒岩涙香の他のブック

1889年
1892年
1908年
2015年
2012年
2005年

カスタマーはこんな商品も購入

2015年
2015年
2015年
2015年
2015年
2015年