弓道中祖‪伝‬

    • 4.5 • 6件の評価

発行者による作品情報

明治時代の日本の作家、国枝 史郎(くにえだ しろう、1887年10月4日 - 1943年4月8日)は日本の小説家。怪奇・幻想・耽美的な伝奇小説の書き手。他に探偵小説、戯曲なども執筆。この作品は底本の「国枝史郎伝奇全集 巻五」では日本の小説・文芸としてまとめられている。初出は「キング」1932(昭和7)年6月。

ジャンル
小説/文学
発売日
1936年
6月2日
言語
JA
日本語
ページ数
18
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
26
KB

カスタマーレビュー

良し峰

弓道家

其の場の場面が眼に映り込み、日置正次の傍にあるかの如くであった。

国枝史郎の他のブック

1944年
1999年
1929年
2000年
1980年
1914年

カスタマーはこんな商品も購入

2015年
2015年
2015年
2015年
1900年
2013年