• ¥800

発行者による作品情報

大企業優遇の経済政策、生活保護費など社会保障費の削減、社会全体に浸透する「人の価値は稼ぎで決まる」という価値観……国による「弱者切り捨て」が進み、人々もそれを受け入れつつある日本社会。この流れは、日本だけでなく、グローバリズムに席巻された世界全体の潮流でもある。私たちは人類が苦闘の末に獲得した「自由と公正を柱とする福祉国家」のモデルを、このまま手放してしまうのか? 古今の思想・宗教に弱者救済の根拠を探り、市場経済と多数決を乗り越える新しい倫理を模索する、渾身の論考。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2014
7月3日
言語
JA
日本語
ページ数
150
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
726.3
KB

香山リカの他のブック