• ¥250

発行者による作品情報

恋愛の本質を知る著者が、帝王たちの恋愛術を伝授!


【まえがきより抜粋】

手に入りにくい女ほど、心の中では常に刺激を求めているもの。

美しき誤解と錯覚が回り出した瞬間、男と女は恋に落ちる。

モテる男は、仕事も恋もデキる強者だ。

デキる男は残酷で、なぜかモテまくる。

本書は、モテるツワモノ、強者ならではのモテ理論を解説していくものだ。

単なる〝モテ本〟ではない。ビジネスにも即通用する、残酷なまでの処世術を伝えるものだ。

どんな事態にも対応できる、冷静非情な強者の「モテの極意」を記していく。

冷酷非情で、何にも寄りかからない――。

そんなオスであれば、多くの女たちに愛されることだろう。


【目次】

◆冷静非情な強者の「モテの極意」――「まえがき」に代えて

第1章 社内は出会いの宝庫

◆仕事のデキる男はなぜモテる?

◆デキる男は「静かな目」を持っている

◆同期入社の飲み会は、闘いの場

◆社内恋愛の鉄則

第2章 社内恋愛の極意

◆「余裕のオーラ」が女性を惹きつける

◆職場恋愛の進め方

◆強者の時間管理術

◆社内恋愛の円満な終わらせ方

第3章 社外は「狩り場」

◆デートに持ち込む心理術

◆合コンで好かれる作法

◆ベッドインに至る戦略

◆自分づくりの努力を怠らない

第4章 大人の賢明な遊び方

◆「自分の場所」は、協力な武器になる

◆見た目の判断は圧倒的に正しい

◆うまく別れる方法

第5章 恋愛と家庭のあいだ

◆選りすぐりの女をものにしよう

第6章 強者の最強処世術

◆強者にとっての恋愛と結婚

◆最強の武器

◆強者は何者なのか

元気で、雄々しく、素敵な男であれ――「あとがき」に代えて


【著者】

いつか(旧:角川いつか)

生粋の江戸っ子。広告・出版業界で、コピーライターとしてキャリアを積んだ後、2003年に作家デビュー。

著書は30冊を越える。恋愛・結婚についての辛口エッセイから、ビジネスマンの成功と孤独を描いたハードボイルドタッチのベストセラー、東京に残る江戸文化を紹介するガイドブックを執筆している。

書籍『成功する男はみな、非情である。』『ヤッパリ!別れたほうがイイ男』『恋の品格』は、アジア各国で翻訳された。

また、旅行作家として世界40ヵ国以上を駆け巡り、各国、各界に多彩な人脈がある。

アプリ『デキる人は「出逢い」を必ずモノにする』は、ブック部門2位となった。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2014
1月10日
言語
JA
日本語
ページ数
79
ページ
発行者
クラップ
販売元
JUMPEI TAKEDA
サイズ
421.3
KB

いつかの他のブック