• ¥490

発行者による作品情報

パタナは白の王子の血を得たため、自分が青の王子だったことを思い出す。なぜ「死神(パタナ)」になったのかも――。王が真に望むこととは何であるか知った彼は、月哉を王の呪縛から解放する。その方法を教えてくれたのは、瞳の母親・マリだった。一方、月留とイヤルドはマリの生い立ちに詳しい人物と会っていた。そして瞳も、巫女の修行によって母の過去を「夢見」する。そこには驚くべき事実が……!!

ジャンル
小説/文学
発売日
1999
7月28日
言語
JA
日本語
ページ数
224
ページ
発行者
集英社/集英社コバルト文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
4.8
MB

榎木洋子 & 羽原よしかづの他のブック

このシリーズの他のブック