• ¥440

発行者による作品情報

大永(だいえい)四年。毛利本家を継いだ元就は、三人の重臣を前に異母弟・元綱の陰謀を打ち明けた。陰謀には重臣二人が加担し、背後に尼子氏の影がちらつく。元就は領内巡視の際、元綱誅伐(ちゅうばつ)を決行。謀叛人たちは一網打尽となった。十八年後、尼子氏との戦いで死地に追い込まれた元就を救ったのは意外にも……(表題作)。大国の狭間で苦闘する毛利。戦国武将たちの死生観を活写!(『奇謀の島』改題)

ジャンル
小説/文学
発売日
2002
7月20日
言語
JA
日本語
ページ数
215
ページ
発行者
光文社
販売元
Kobunsha Co., Ltd.
サイズ
1.5
MB

古川薫の他のブック