「心の傷」は言ったもん勝ち 「心の傷」は言ったもん勝ち

「心の傷」は言ったもん勝‪ち‬

    • ¥660
    • ¥660

発行者による作品情報

「心に傷を受けた」と宣言したら、あとはやりたい放題。詳しい検証もなく、一方的に相手を加害者と断罪する――そんな「エセ被害者」がのさばっている現代日本。PTSD、適応・パニック障害から、セクハラ、痴漢冤罪、医療訴訟まで、あらゆる場面で「傷ついた」という言い分が絶対視されている。そう、「被害者帝国主義の時代」が到来したのだ。過剰な被害者意識はもうたくさん! 現役精神科医が示す処方箋。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2008年
6月16日
言語
JA
日本語
ページ数
190
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
1.1
MB

中嶋聡の他のブック

うつ病休職 うつ病休職
2017年
「新型うつ病」のデタラメ 「新型うつ病」のデタラメ
2012年
眠れぬ夜の精神科-医師と患者20の対話― 眠れぬ夜の精神科-医師と患者20の対話―
2010年