• ¥500

発行者による作品情報

時代を超えて輝く各界の偉人の言葉には、ビジネスパーソンとして力強く生き抜くヒントが満載!


【本文より】

日本は、「失われた二十年」は脱したかに見える。しかし、景気回復の掛け声とは裏腹に、視界の先にみえてきたのは、これまでの経験則が通じない見慣れない光景。これまでの経営常識も価値観もほとんど通用しない時代である。そんななかで、ビジネスパーソンたちがこれからのビジネスシーンを輝きながら力強く生き抜いていくためには、自己の仕事力の練磨が最大の課題となってくる。寄る辺なき身にも思える一ビジネスパーソンにとっては、われとわが身を武器として、相応の覚悟をもって時代に処していく必要性が出てくる。

そこで本書では、自分の職業人生のなかで、一人ひとりが一生をかけて鍛え上げ磨き上げていくべきものを「仕事力」ととらえ、その構成要素を「プロフェッショナリティ、マネジメント力、リーダーシップ、戦略センス、人間力」の五つで区分し、それぞれの力を身につけていく上で参考となる言葉を九十九項目厳選し、「アフォリズム」(警句集)として解説を加えた。

取り上げている言葉は、いま第一線で活躍している経営者をはじめ、その経営者に少なからず影響を与えた人々を中心に、時代を超えて輝く各界の人物の遺した言葉を最大限収録した。

ほんの数行の機知に富んだ言葉で人生の深奥にふれたと感じることができたり、少しでも人が生きていく上での指針やヒントを得られればとの思いが込められている。

さまざまな思いが交錯するなかで本書をまとめたが、ご一読いただく大方の読者のみなさんにとっての夢と希望、そして明日への大いなる活力や生き抜く力を与えることに多少なりとも役立てば、ぼく自身にとって所期の目的は達せられたといえそうである。


【内容】

はじめに ビジネス社会で勝負するために必要なメンタリティとは

1 プロフェッショナリティを磨く

2 マネジメント力を磨く

3 リーダーシップを磨く

4 戦略センスを磨く

5 人間力を磨く

おわりに 「がんばりすぎない」勇気も大切な時代


【著者】

吉田 寿(よしだ・ひさし)

1959年生まれ。ビジネスコーチ株式会社常務取締役・グローバルタレントソリューション担当。BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ。中央大学大学院戦略経営研究科客員教授。

早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了。

富士通人事部門、三菱UFJリサーチ&コンサルティング・プリンシパルを経て、2015年1月より現職。

“人”を基軸とした企業変革の視点から、人材マネジメント・システムの再構築や人事制度の抜本的改革などの組織人事戦略コンサルティングを、グループかつグローバルに展開している。

著書には『世界で闘うためのグローバル人材マネジメント入門』(日本実業出版社)、『リーダーの器は「人間力」で決まる』(ダイヤモンド社)、『企業再編におけるグループ人材マネジメント』(共著・中央経済社)、『ミドルを覚醒させる人材マネジメント』『人事制度改革の戦略と実際』『人を活かす組織が勝つ』(以上、日本経済新聞出版社)、『社員満足の経営』『仕事力を磨く言葉』(以上、経団連出版)、『人事超克』『未来型人事システム』(以上、同友館)など。

その他論文、新聞・雑誌への寄稿、講演多数。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2015年
2月19日
言語
JA
日本語
ページ数
204
ページ
発行者
クラップ
販売元
JUMPEI TAKEDA
サイズ
829.6
KB