• ¥500

発行者による作品情報

初老の小企業社長・藤代と、その妻で十年間寝たきりのゆき、二人の娘・美佐子と香代子の、それぞれに苦悩多い人生――。忘却の河に流し得ぬような各様の過去が四人に暗影を投げかけており、痛切な愛の挫折、愛の不在がある。主人公は、終章で北陸の海辺にある賽の河原に罪のあがないを見出すのだが、宗教なき日本人の、愛と孤独への救いを追究した、密度の高い連作長編小説である。

ジャンル
小説/文学
発売日
1969
4月30日
言語
JA
日本語
ページ数
309
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
973.5
KB

福永武彦の他のブック