怒りの‪器‬

    • ¥330
    • ¥330

発行者による作品情報

「南海もの」といわれるモームの短編集の総決算『阿慶(アーキン)』から「密林の足跡」「機会の扉」「怒りの器」の3編を収録。「私の観察によると、いかなる場合でも、善人と悪人との間には、世の道学者流が私たちに信じさせようとしているほどの違いは、ないように思われる」と書いたモームの姿勢がよくうかがわれる。

ジャンル
小説/文学
発売日
2015年
3月9日
言語
JA
日本語
ページ数
215
ページ
発行者
グーテンベルク21
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
562.4
KB

William Somerset Maugham & 増野正衛の他のブック

2022年
2012年
2022年
2015年
2012年
2015年