怪談綺‪談‬

    • 2.8 • 4件の評価

発行者による作品情報

この作品は書いている、小酒井不木(こさかい ふぼく、本名:小酒井 光次(こさかい みつじ)、1890年(明治23年)10月8日 1929年(昭和4年)4月1日)は、日本の医学者、随筆家、翻訳家、推理作家。別名「鳥井零水」。この作品は底本の「探偵クラブ 人工心臓」では「 フィクション・文学」としてまとめられている。『怪談綺談』には、「木乃伊の祟り」「空中の音楽」「夢と死」「耳を叩く」などが収録されている。初出は1994(平成6)年9月20。

ジャンル
小説/文学
発売日
1932年
3月2日
言語
JA
日本語
ページ数
9
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
18.2
KB

小酒井不木の他のブック

1931年
1930年
1930年
1929年
1926年
1931年

カスタマーはこんな商品も購入

1928年
1989年
1991年
2001年
2003年
2005年