• ¥610

発行者による作品情報

人生の半ば、突然の「恋」に戸惑う母たち

柴門ふみ、最新作にして代表作

名門中学に息子を通わせている三人の母たちの物語。

いずれの子供たちも出来が悪くて落第目前。
浮気相手と失踪した夫を待つ杏、不倫夫に悩むセレブ妻・まり、専業主夫を持つキャリア妻・優子――互いの心中を少しずつさらけ出し合いながら、三様の人生はやがて交錯し始める。

これまで築き上げてきた人生、暮らし、家族――
大切にすべき「尊さ」と、何か物足りない「虚しさ」

アラフォーを過ぎたからこそ向き合える、「妻」でも「母」でもない、「女」としての自分。
それぞれに満たされない思いを抱えた彼女たちに待ち受けていたのは、予期せぬ出会い。

心の支えになってくれる男、ときめきをもたらしてくれる男、果敢にアプローチを仕掛けてくる男、出会いの先にあるのは、「不倫」ではなく「恋」だった。

アラフォー女性のよろめきに、「相手もいないし実行に移す思い切りはないけど、自分にも同じ気持ちがある」「夫以外の男性にときめきたい」「奥さん、でも、お母さん、でもない自分がいつも心の中にいる」など、共感の声が続々。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2018
9月28日
言語
JA
日本語
ページ数
208
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
41.7
MB

柴門ふみの他のブック

このシリーズの他のブック